HOME > 読んでおきたい本

読んでおきたい本

【いじめられた場合の対処法】
『いじめは犯罪!絶対にゆるさない!』井澤一明著(青林堂)
『いじめは犯罪!絶対に許さない』いじめから子供を守ろう!ネットワーク編(お茶の水学術事業会)
『いじめ撃退マニュアル』小寺やす子著(情報センター出版局)
『いじめ逆襲マニュアル―殺されるぐらいなら殺せ!』河西 善治著
『いじめ少年犯罪に宣戦布告━史上最強の告発マニュアル━』(プレスプラン編集部・編)
『わが子をいじめから守る10カ条』武田さち子著(WAVE出版)
『Q&A子どものいじめ対策マニュアル』佐藤香代、三坂彰彦、 田中早苗著(明石書店)

【いじめ理論編】
『いじめ こうすれば防げる』ダン・オルウェーズ著(川島書店)
『小児科臨床ピクシス15 不登校・いじめ その背景とアドバイス』(中山書店)
『いじめは犯罪!絶対に許さない』いじめから子供を守ろう!ネットワーク編(お茶の水学術事業会)
『ゼロトレランス』加藤十八編著(学事出版)
『いじめの構造』森口朗著(新潮社)
『間違いだらけの「いじめ」対策』矢部武著(PHP研究所)
『起立性調節障害の子どもの正しい理解と対応』田中英高著(中央法規)

【いじめ事例】
『あなたは子どもの心と命を守れますか!』武田さち子著(WAVE出版)
『教室の悪魔』山脇由貴子著(ポプラ社)
サンデー毎日 いじめ緊急レポート 死んではいけない TBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」編 毎日新聞社
なぜボクはいじめられるの子ども・親・教師のいじめ体験200人の告白(朝日新聞社会部)
『いじめ・自殺 遺書 ぼくたちは生きたかった!』(草土文化)
『君を守りたい』中嶋博行著(朝日新聞出版)
『いじめは止められる!』大澤秀明著(エビデンス社)

【ネットいじめ】
『学校裏サイト』下田博次著(東洋経済新報社)
『「学校裏サイト」からわが子を守る!』安川雅史著(中経出版)

【いじめ対策教育】
『実践に基づく毅然とした指導』山本修司編集(教育開発研究所)
『「いじめ」は必ず解決できる』向山洋一著(扶桑社)
『高校を変えたい!』大島謙著(草思社)

【子供たちへの教材】
『みんなのためのルールブック あたりまえだけど、とても大切なこと』ロン・クラーク著(草思社)
『わたしのいもうと』  松谷みよ子著 味戸ケイコ絵(偕成社)
『いじめ・自殺 遺書 ぼくたちは生きたかった!』(草土文化)

【教育全般】
『丸投げされる学校』石井昌浩著(育鵬社)
『子供がわからない親たちへ』義家弘介著(祥伝社)
『いじめ栄えて国亡ぶ』加藤十八著(幸福の科学出版)
『学校は誰のものか』戸田忠雄著(講談社)
『オール1の落ちこぼれ、教師になる』宮本延春著(角川書店)
『いま、「学校」から子どもを守るために親ができること』戸田忠雄著(講談社)
『先生と親に贈る いじめ・不登校解決のメッセージ』千葉孝司著(学事出版)
『親が育てば子供は育つ』高橋史朗著(MOKU出版)
『「いじめ」と闘う親と子を応援する本』安川雅史著(中経出版)
『こどもたちへ』水谷修著(サンクチュアリ出版)
『いじめを乗りこえる―ワークブック』ディコン・パウナル・グレイ著、亀井よし子訳(ブロンズ新社)
『いじめ地獄から子供を救え!』「ザ・リバティ」編集部編(幸福の科学出版)
『公教育再生』八木秀次著(PHP研究所)
『親学対談』高橋史朗著(MOKU出版)
『「いじめ」の構造』渡部昇一、土居健郎著(PHP研究所)
『「ダメな教師」の見分け方』戸田忠雄著(筑摩書房)