HOME > いじめ防止条例 > いじめ防止条例に期待すること

いじめ防止条例に期待すること

「いじめ防止条例」に期待すること

1.自治体、学校、教職員、保護者は、「いじめは犯罪。いじめは絶対ゆるさない」と宣言し、繰り返し伝え続ける。

2.いじめの予防・いじめの早期発見・早期解決の義務(安全配慮義務)があることを宣言する。

3.いじめを訴えた子の目線で救済すること。

4.いじめ加害生徒には、悪質さに応じた処分をすること。

5.学校は、定期的にいじめのアンケートをとること。

6.学校に、いじめ対策委員会等のチームを構築

7.教職員向けいじめ対策研修会の実施

8.生徒向けにいじめ防止教育の実施

9.保護者向けにいじめ対策・いじめ防止教育の実施

10.学校・教職員がいじめに加わったり、隠蔽などした場合の罰則を設ける。

 

「いじめ防止プログラム」 を策定し、

実施することを期待する。